文学処女 ドラマ あらすじ 主題歌 楽天 ネタバレ 再放送 東京 ロケ地 文学しょじょ あらすじ 実写 再放送

今すぐ見る↓↓↓クリック

U-NEXTは見放題作品数NO.1の動画サービスです

U-NEXT31日間無料トライアル

この記事は、おススメを紹介していますが、読み進めると【ネタバレ】がありますのでご注意くださいませm(__)m




文学処女

|2018年

見放題

第1話を再生24分
映画、アニメ、ドラマがもりだくさん!
日本最大級の動画サービス
無料トライアルで今すぐ観る
森川葵×城田優ダブル主演で描かれる、文学的で耽美な大人の初恋物語

見どころ

中野まや花が描く美しくはかない漫画の世界観を、キャストの情感あふれる芝居と映像美で表現する。恋愛経験豊富な加賀屋役の城田優が披露する上品なセクシーシーンに注目。

ストーリー

出版社に勤める月白鹿子は恋愛経験のない26歳。念願の文芸編集部に配属された鹿子が担当に任命されたのは、超売れっ子ミステリー作家・加賀屋朔だった。加賀屋のドライな態度や思わせぶりな行動に、現実の恋を知らなかった鹿子は徐々に心惹かれていき…。
2021年2月28日 23:59まで配信
©「文学処女」 製作委員会・MBS

エピソード

第1話
出版社の文芸編集部で働く月白鹿子は、恋愛経験がない26歳。超売れっ子ミステリー作家・加賀屋朔の担当に抜擢された鹿子は張り切るが、加賀屋の機嫌を損ねて「もうお宅では書きません」と引導を渡されてしまう。
24分

第2話
加賀屋の機嫌を損ねてた鹿子は、ホテルの部屋に連れていかれる。処女喪失の危機!?と思いきや、加賀屋は打ち合わせをしようと言う。鹿子は加賀屋の恋愛小説が再び読みたいと語るが、加賀屋はかたくなにそれを拒む。
24分

第3話
ホテルのベッドで上半身裸の加賀屋と共に目を覚ました鹿子。酔っ払っていたのか全く記憶がない鹿子だったが、加賀屋から「何もなかった」と聞かされる。安心したのも束の間、衝撃の事実が発覚し…。
24分

第4話
サイン会を終えた鹿子は、加賀屋へのこれまで感じたことのない胸の高鳴りを感じていた。同僚の望月からもアプローチを受け、鹿子はもはや大混乱。そんななか、鹿子は原稿が間に合わないと言う加賀屋に呼び出される。
24分

第5話
「先生、この気持ちは、恋でしょうか…」。そんな鹿子の問いかけに、加賀屋は「デートしようか」と言う。行ってはいけないと思いつつも鹿子はデートに行ってしまい、望月と編集長の娘・三島暁里に遭遇する。
24分

第6話
加賀屋の本音を聞いてショックを受ける鹿子に、望月は「俺は大事にするよ」と告白する。しかし、加賀屋が鹿子を連れ去ってしまう。矛盾した行動ばかりの加賀屋に、鹿子は「先生が好きです」と気持ちを伝える。
24分

第7話
鹿子との恋愛に踏み切れない加賀屋。そこには加賀屋がかつて愛した女性・天村千夜香の存在があった。しかし、加賀屋のそんな過去を知りえない鹿子は、加賀屋に拒絶されてもなお、変わらぬ想いを抱いていた。
24分

第8話
鹿子は加賀屋が婚約者と死別していた事実を知る。加賀屋は「僕みたいな男はやめた方がいい」と鹿子を突き放す。望月は傷ついた鹿子を家まで送る。さらに、加賀屋から執筆活動を休止したいとの連絡があり…。
24分

キャスト・スタッフ

出演
(月白鹿子)
森川葵
(加賀屋朔)
城田優
(七星真樹)
上遠野太洸
(三島暁里)
古賀哉子
(天村千夜香)
田辺桃子
(川端龍之介)
綱啓永
(谷崎鏡花)
池上紗理依
(有明光稀)
泉里香
(三島皓)
河原雅彦
(望月千広)
中尾暢樹
監督
スミス
戸塚寛人
岸川正史
原作
中野まや花
脚本
下田悠子