わたし旦那をシェアしてた キャスト 動画 ネタバレ 視聴率 チェインストーリー フールー 主題歌 7年後

今すぐ見る↓↓↓クリック

U-NEXTは見放題作品数NO.1の動画サービスです

U-NEXT31日間無料トライアル

この記事は、おススメを紹介していますが、読み進めると【ネタバレ】がありますのでご注意くださいませm(__)m




  • わたし旦那をシェアしてた

    |2019年

    見放題

    #1を再生42分
    映画、アニメ、ドラマがもりだくさん!
    日本最大級の動画サービス
    無料トライアルで今すぐ観る
    愛する“夫”に先立たれた3人の“妻”が、謎めいた夫の素顔を探っていくミステリー

    見どころ

    同じ男性を愛した3人のシングルマザーがライバルとしてバトルを繰り広げるなかで、不思議な友情が芽生えていく展開に引き込まれる。小池栄子、りょう、岡本玲が共演。

    ストーリー

    キャリアウーマンのシングルマザー・晴美は、事実婚の夫・恭平と幸せに暮らしていた。だがある日、恭平が何者かに殺害される。晴美が病院に駆けつけると、夫の“妻”と名乗る2人の女性が現れる。遺言により、3人はシェアハウスで同居することになるが…。
    2020年12月31日 23:59まで配信
    ©ytv

    エピソード

    #1
    シングルマザーの森下晴美は、ある財閥の息子・天谷恭平と事実婚状態で暮らしていた。そんななか、晴美のもとに警察から恭平が意識不明の重体で病院に運ばれたと連絡が入る。晴美は急いで病院に向かうが…。
    43分

    #2
    森下晴美、小椋加奈子、藤宮茜の共同生活が始まった。染谷文江は3人に、“天谷恭平がなぜシングルマザー専用のシェアハウスを運営し始めたのか?”という課題を与える。そんななか、晴美は元夫と再会する。
    43分

    #3
    シングシングハウスにやってきた入居希望の絵里は、恭平の妻だと名乗り、彼の子を妊娠していると言う。第4の妻の出現に、晴美、加奈子、茜は動揺する。絵里は、すぐにシングシングハウスでの暮らしに溶け込み…。
    43分

    #4
    晴美、加奈子、茜の3人はそれぞれ急に金が必要になり、3億円を山分けしようと意見が一致する。ところが、文江はそれを許さない。そして文江は、3人に“恭平の好物を言い当てろ”と課題を与えるのだが…。
    43分

    #5
    加藤と名乗る男が、シングシングハウスを訪れる。彼は恭平の友人で、晴美、加奈子、茜の相談役になってほしいと恭平から頼まれていたと言う。晴美たちは加藤を信用できずにいたが、彼の話術に引き込まれ…。
    43分

    #6
    森らに襲われて重傷を負った文江は意識を取り戻すが、秀明は昏睡状態のまま。晴美と加奈子が病院に付き添い、茜が子供たちの面倒を見ることに。美保は晴美と加奈子に、恭平から森のことを聞いていないかと尋ね…。
    43分

    #7
    意識を取り戻した秀明は、森が恭平を殺した犯人であり、まだ息のあった恭平を見殺しにした自分も同罪だと晴美に言う。そして彼は、その償いをすると言い残して姿を消す。一方、森の行方もわからないままだった。
    43分

    #8
    熱にうなされる秀明の看病を続ける晴美は、加奈子と茜と文江に、秀明を匿いたいと頼む。しかし、加奈子と茜は、森を殺した殺人犯である秀明を匿うことに同意できない。文江は晴美にある疑いの目を向け…。
    43分

    #9
    赤いワンピースを着てどこかに行こうとしている茜を見かけた晴美は声をかけ、一緒に食事をすることに。一方、文江は美保から、秀明が恭平の殺害現場で赤いワンピースを着た女を見たと証言したことを聞かされる。
    43分

    #10
    逮捕された茜は、恭平が指輪を渡そうとしていた相手は晴美だと証言する。晴美、加奈子、文江は美保から茜の証言を聞く。指輪が自分のものになる晴美が戸惑う一方、加奈子は晴美が指輪を受け取ることを認めず…。
    42分

    キャスト・スタッフ

    出演
    (森下晴美)
    小池栄子
    (小椋加奈子)
    りょう
    (藤宮茜)
    岡本玲
    (松田秀明)
    赤楚衛二
    長谷川公彦
    小林よしひさ
    (佐伯剛)
    渋谷謙人
    (熊井鉄)
    遠山俊也
    笠本東吾
    小野健斗
    黒沢リコ
    監督
    湯浅弘章
    瀧悠輔
    林雅貴
    音楽
    和田俊輔
    脚本
    仁志光佑
    三浦希紗
    本田隆朗